オリムピックトップページへ戻る
  • 釣具トップページへ
  • ゴルフトップページへ
プライバシーポリシー サイトマップ 英語サイトへ

オリムピック 会社案内

製品使用上のご注意

トップページ会社案内>製品使用上のご注意

■使用上の注意

  • ロッドの一部を無理に曲げると、折れる恐れがあります。
  • 仕掛け(ルアー等)がトップガイドに当たった状態で、さらにリールを巻くと穂先が折れる恐れがあります。
  • 糸絡みした状態で投げたり、リールを巻いたりすると竿が折れる恐れがあります。
  • 魚やゴミ等を抜き上げるときの垂直方向への引き抜きは竿が折れる原因となります。
ページの先頭に戻る

■感電・落雷に注意

  • 高圧線、架線、電線による感電に注意してください。素材特性上、電気をよく伝えます。したがって電線等に接触すると感電するおそれがあります。場合によっては死亡事故につながります。特に高圧線の下では絶対使用しないで下さい。高圧線の場合近寄っただけでも、高圧線から放電し感電する場合があります。
  • 釣り場以外の場所で釣竿を使用し、電線に触れる事故が発生しています。釣竿を使用するときは、周囲の安全に十分注意してください。
  • 落雷による感電に注意してください。使用中、雷が発生したときは、釣竿を直ちに仕舞い込むか、釣竿から離れるようにしてください。
ページの先頭に戻る

■根掛かりの外し方

  • 根掛かり(釣糸、しかけが引っ掛かり外れない状態)した時は、釣竿をあおらず糸を手にとって切るようにしてください・釣竿を無理にあおりますと竿が折れて怪我をする恐れがあります。また、糸を手に取る場合は、糸で手を切る場合がありますので手袋やタオルで手を保護してください。
  • 根掛かりを外すために、海、川、池等の中に入ってはいけません。流されたり波にのまれておぼれて死ぬことがあります。
ページの先頭に戻る

■キャスト時の注意

  • 投げる時は、周囲に人がいないか十分に安全を確認してください。釣針、ルアーフック、オモリ等が当たると非常に危険です。
ページの先頭に戻る

■竿が折れた場合

  • 折れた部分は硬く、とがっています。怪我をする恐れがありますのでさわらないでください。
ページの先頭に戻る

■継目を合わせる時の注意

  • 継目を合わせる時、強引に合わせますと、口割れ、固着の原因になります。 インロー合わせは、機能上ゆるみ防止のために数mm前後あくように設計されておりますので強引に挿入しないでください。(口割れ、固着の原因になります。)
  • インロー挿入部内面は、絶対に加工しないでください。
  • 合わせは、時々確認してください。ゆるんだまま使用すると竿が折れる恐れがあります。
ページの先頭に戻る

■継目が固着した場合

  • ゴムシートを当て、2人で向き合い、お互いに逆方向にねじりながら、引き抜いてください。
ページの先頭に戻る

■ロッドの曲がりについて

  • カーボン、ボロンロッドでは、素材自体の持つ強い剛性のため、ロッド全体に垂れ下がりが少ないので従来のグラスロッドに比べ、曲がりがどうしても目立ちます。強度機能上は、問題ありませんのでご安心ください。
  • 高温になるような場所(車中等)に長時間放置された場合ロッドが曲がる可能性があります。
ページの先頭に戻る

■釣行後のお手入れ方法と注意

  • 釣行後は水洗いをして汚れや塩分を落とし、水気を拭き取ってください。水分が完全に取れない状態で保管されますと塗装面にブリスター現象(水ぶくれ)が発生して、塗装剥離の原因となりますので、水洗い後は布で水を拭き取って風通しのよい場所で水分が完全に取れるまで陰干しをしてください。ガイドなど金属部分は腐食防止に防腐スプレーを施しておけば安心です。
  • ※磨き粉、タワシ、ベンジン及びシンナー等の薬品は、絶対に使用しないで下さい。
  • ※ロッドの汚れは、海水の場合、ぬるま湯で。その他の場合は、水をご使用ください。
  • ※市販のロッドクリーナーやワックス、洗剤等を使用する場合、塗装及びロッドをきずつける恐れがありますのでご注意下さい。
ページの先頭に戻る

■保管場所について

  • 保管場所は、高温にならない風通しのよい場所に保管してください。
  • 車の中は、高温密閉状態になりやすいので長時間放置しないでください。ブリスター、曲がりの原因となります。
ページの先頭に戻る



このページのトップへ戻る